血糖コントロールの必要性

空

血糖値上昇が及ぼす症状

糖尿病は、身体を少しずつ破壊していく恐ろしい病気です。通常であれば、人間は、食事を摂取すると、膵臓からインスリンが放出され、一旦上昇した血糖値を緩やかに下降させる働きが自然と行われますが、糖尿病の人の場合、この働きが上手くいかず、血糖値が上昇した状態が続きます。血糖値が高いままだと、色々な悪影響を及ぼします。糖尿病には、三大合併症が存在します。それは、糖尿病性網膜症、腎症、神経障害です。また、心筋梗塞や脳卒中などのリスクも高まります。網膜症の場合、最悪の場合は失明する可能性もあります。腎症であれば、人工透析をしなければならない場合も生じます。また、神経障害の場合、手足に痛みやしびれが生じたり、感覚が麻痺し、足に傷が生じても気付かず、細菌が入り込み化膿したり、最悪の場合は足を切断する事態にまで発展する可能性もあります。

血糖値を安定させる方

糖尿病は、完治する病気ではありません。一旦かかってしまった場合は、進行させないために、上手く血糖値をコントロールさせていくことが大切です。まずは、食事療法や、運動療法です。カロリーやバランスを考慮し、血糖値の急激な上昇を防ぐ食生活が大切です。また、運動も血糖値を下降させる効果があり、大変有効です。そういった食事や運動を行っても効果が出にくい場合は、服薬にて血糖値をコントロールします。それでもまだ、血糖値が高い場合は、インスリン注射が開始になります。但し、インスリン注射が開始になった場合、急激に血糖値を下げる効果がある薬もあるので、低血糖のリスクも伴います。そのため、食事と血糖値とのバランスを見ながら主治医がインスリンの種類や量を決定します。糖尿病は、一生付き合っていかなければならない病気なので、主治医と連携しながら、上手く血糖値をコントロールさせることが非常に大切です。